胃癌 闘病ブログ

がん告知からの記録 ステージⅢA  胃80%切除 右腕麻痺

 17年11月に胃と胆嚢とリンパ節切除、
補助的抗癌剤としてSOX治療中に脳卒中、
もやもや病の診断を受ける。

胃癌の再発、転移に怯えながら、
脳卒中 の再発予防に気お配り、
右手麻痺のリハビリ に励む、
今からの人生と、今までの、思い出

怒涛の検査4日目 5日目

 検査前に抜歯6本、普通歯医者さんでは出来ない芸当が、病院の口腔外科では出来る、
主治医の話では全身麻酔で10本全部と言われたが、実際は部分麻酔で、それも若い女医さんが、「そこは痛いでしょ そうじゃなくて」などと指示されながら、麻酔を打たれる
上の歯を6本抜かれる、来週の親知らずの抜歯の予約をして、この日は釈放、


 検査4日目胃カメラ、胃袋を残す範囲を決めるため生体検査のサンプルを取る、この時点でも病状説明は癌の疑いであり、この生検の結果が出てから病状説明に癌と書かれる、
この日の昼食から大腸カメラ用の検査食、夕食も消化のよい検査食、とすぐに下剤を飲み始めて、夜中~排泄、


 検査5日目大腸カメラ、控え室に6人同時に説明を受けて下剤入った大きな袋を、各自持参した水とともに、ひたすら飲んで排泄、排泄物に固形物がなくなるまで、説明とうり
トイレに通う、合間に血液の固まる速度を測るため採血室へ、結果は普通だそうです、
さて、控え室の6人中初めての人は私一人、そしてみなさん、申し込みから1カ月待ちの方のようで、この検査ばかりではなく、主治医はかなり強引に検査予約を取ってくれた、


 検査の際ポリープが見つかり、切除したため一晩お泊り、説明は受けていたが、絶対安静トイレ以外動かなように指示が出る、入院の予行演習になりますが、行動を制限されますので、テレビのカードなどは、検査前に購入しておくべし、印鑑など車に置いて後で取りに行ったりはできません、入院セットを1つの鞄に入れ検査時にポリープを取ったら、
そのまま車いすで病室です、私はスマホにたっぷり落語を仕込んで行きました。



落語 竹の水仙 桂歌丸


以上術前検査です、生検の結果次第で胃カメラの再検査の可能性があり手術2週間前までのメニューです、場合によりこの他に胃透視もするかもしれません、
 最後になるが、予約待ちの患者さんたちに無理やり割り込ませていただき、感謝しております。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。