胃癌 闘病ブログ

がん告知からの記録 ステージⅢA  胃80%切除 右腕麻痺

 17年11月に胃と胆嚢とリンパ節切除、
補助的抗癌剤としてSOX治療中に脳卒中、
もやもや病の診断を受ける。

胃癌の再発、転移に怯えながら、
脳卒中 の再発予防に気お配り、
右手麻痺のリハビリ に励む、
今からの人生と、今までの、思い出

おばあちゃんは、100歳

祖母のお見舞いに、行ってきました


私の母方の祖母、もうすぐ101歳、
90代前半から、まだら痴呆になり、それでも
身体元気なので、息子夫婦連れられて、山菜捕り等、山歩きもできていた、
5年前、私の父の葬儀の時は、台所を手伝いにきてくれて、何故かその時は意識がしっかりしていて、後日お礼に行っても、誰だか分からない様子で、、、まさにまだら痴呆の典型的、不思議なことになるものです、
90代半ばから、其なりの施設で過ごしていました、入所当時は、まだ時々正気に、戻った様な時もあり、老年性の痴呆は進行が遅く、
本人も病状を認識しているようで、何度も、
まだお迎えが来ない困ったもんだと、言っていた。

半年前から、食事が取れなくなり点滴を、受けていたが、状態が悪いので転院、
高カロリーの点滴だけで命を繋いでいる、


現在は骨と皮状態、見舞いに行っても、
誰が来ているのか判らないようです、
ただ、生まれつきの性格なのか、座っていろ
休んでけ等、しきりに訪問者に気を使う言葉
を、使う。
点滴の針を抜こうしたりするので、両手を縛られています、状況を理解出来ないので、
注射の時は、怒ります生きている限り苦痛
が続く、すぐ忘れるのが救いですが、、、


 尊厳死ついてすこし考えてみよう




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。