胃癌 闘病ブログ

がん告知からの記録 ステージⅢA  胃80%切除 右腕麻痺

 17年11月に胃と胆嚢とリンパ節切除、
補助的抗癌剤としてSOX治療中に脳卒中、
もやもや病の診断を受ける。

胃癌の再発、転移に怯えながら、
脳卒中 の再発予防に気お配り、
右手麻痺のリハビリ に励む、
今からの人生と、今までの、思い出

生きるリスク

人は皆この世に生まれたときから、色々な危険に晒されながら、生きています、 歩けば転ぶ怪我もする。


しかしながら、大多数の人は其なりの身体で高齢者に成れるでしょう、


それでも私の様に、早い時期でに、命の危機に直面する可能性を誰でも、持っている
去年の義弟の白血病による死は、とても耐えられない衝撃敵な悲しみで、今でも胸が痛い、その義弟の、入院していた病院で、同じ階に入院していた、つらい思いでの或この病院に見舞いに来てくれた、義父義母には、申し訳ない事をした。


今現在自分の身に降りかかっているリスクは


胃癌の再発や転移、
  術後の胃腸も慣らし運転中、腸閉塞 の危険を、はあらんでいる、
  
脳卒中の再発の可能性、
  麻痺腕の今後は、回復しない可能性、悪くなる可能性もある、

  廃用症候群や疼痛増悪そして緊縮など聞きたくない言葉も並ぶ


悪い事ばかりでもない、
 SOXをやめたので、TS1単独治療は、副作用も軽く気分も悪くない、
 休薬期間に入ると、急に食べ物がおいしくなるので、味覚障害があったことに、
 ようやく気がつく程度。
 体調が良いので、免許センターの適正検査も受けられ、検査官と握手で握力を
 確認して貰えたので、運転開始もできた。
 一度だけ行ったオキサリプラチンの副作用も、かなり薄らいできた、

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。