胃癌 闘病ブログ

がん告知からの記録 ステージⅢA  胃80%切除 右腕麻痺

 17年11月に胃と胆嚢とリンパ節切除、
補助的抗癌剤としてSOX治療中に脳卒中、
もやもや病の診断を受ける。

胃癌の再発、転移に怯えながら、
脳卒中 の再発予防に気お配り、
右手麻痺のリハビリ に励む、
今からの人生と、今までの、思い出

アジャラカモクレン ティエスワン

ドセタキセル、おどろどろしい名前の薬がある、正確には毒なのに、基本的に抗がん剤は

毒薬に近い物だろう。


身近にある植物から作られた抗がん剤、縁起物として、庭木に植えられていることが多い

が、毒物として小説に時々登場する、古いものでは、ハムレット等が有名でしょうか。


兎に角明日はどの毒で、癌を叩くのか決めて来なくてはならない、抗がん剤治療は来月5日から。


ネットで調べると、胃癌のステージⅢの予防的治療は、ts-1とドセタキセルの併用が、主流になるらしいが、まだ論文がない。



私の場合、予防的に抗がん剤を使わない場合は、3年生存率70%、抗がん剤使用で80%、

見えていない癌に対しての抗がん剤なので、

上手く行っても判らない、

再発すれば、効いていないことが判明する、

いずれにしても5年生存率50%、おまじないにしては、辛い治療かもしれない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。