胃癌 闘病ブログ

がん告知からの記録 ステージⅢA  胃80%切除 右腕麻痺

 17年11月に胃と胆嚢とリンパ節切除、
補助的抗癌剤としてSOX治療中に脳卒中、
もやもや病の診断を受ける。

胃癌の再発、転移に怯えながら、
脳卒中 の再発予防に気お配り、
右手麻痺のリハビリ に励む、
今からの人生と、今までの、思い出

開腹手術前の怒涛の検査 1日目

 現在積雪70cm早速車を潜らせて、ひさしぶりにスコップを使う、無理するな、と自分に言い聞かせ少しずつ雪をどかして自力で脱出、少しずつ動けるように、なってきた。

雪が降る  尾崎紀世彦 (アダモ作曲)  Tombe la neige  (Sarbatore Adamo)


 手術前の検査を受けられる方のために、れんぞくの検査の詳細を書いておきます。


まず最初の診察は町医者の、胃カメラの写真と検査データーとカルテ紹介状をもとに、病状説明を受けます、
写真だけでは、がんの進行度は判らないのですがと言いながらも bⅡの疑いと、言うことで、話が進む、そして手術の説明、手術前抗がん剤の説明をうける、それから手術の日取りを仮に決めてから、逆算で検査の予約を、かなり強引に決められる、
まず口を開けて虫歯チェック、すぐ口腔科で
怪しい歯を手術前に、処置できるように予約
                                                         


次にお腹を触診、お尻を出して、前立腺のチェック、肺のレントゲン、肺活量の検査、
心電図、で1日目は終了、先生の話を聞いて、
たばこを止めないと、術後痰が絡んで肺炎で
死ぬぞと、脅される、肺気腫もある、治らない
たばこを止めないと、死ぬそうです、



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。