胃癌 闘病ブログ

がん告知からの記録 ステージⅢA  胃80%切除 右腕麻痺

 17年11月に胃と胆嚢とリンパ節切除、
補助的抗癌剤としてSOX治療中に脳卒中、
もやもや病の診断を受ける。

胃癌の再発、転移に怯えながら、
脳卒中 の再発予防に気お配り、
右手麻痺のリハビリ に励む、
今からの人生と、今までの、思い出

手術後11日目、自宅養生、

 ここ2日のあいだ、退院を、急ぎすぎたのか?、などと考えながらすごしたが、
一度目の胃透視に、術後11日退院伝えられていたのだから、標準の退院予定日になりました。


 早めに退院出来たのも、手術をして頂いた主治医スタッフの皆さま、リハビリ指導、栄養指導、数え切れない人たちに命をつないで頂いた、
 手術をすれば助かる、などと言える病気ではないのですが、相当な期間生きて居られそうだと、思っています。
7日目位から、病棟内の散歩と言って、その実階段室で、歩行訓練をしていました。
この階段、ヘリポートから地下室(霊安室)まで、7階建ての建物で、9階分楽しめる、
スペシャルコース、午前午後各1往復、病み上がりには上出来だらう、食事も旨く、そして上手く、逆流もなく、ダンピングもない、
 最後の血液検査も良好、胃透視の経過もよく、退院許可は当然、のことだろう。


自宅でもゆっくり朝食をとりしばらく、体を起したまま休み、少し体を動かす、
おやつ、ほとんど幼児向けで、衛星ボーロー等、昼食は少し多め、45分位かけて、食べる。30分以上体を起していなければ不安がある、自分が赤ん坊の時は、げっぷが出るまで、誰かが抱っこしけけくれた、(多分、
 今は食後すぐの昼寝ができなくて、と言うのは贅沢だろうか、その後少し横になる。
2時ごろから行動開始4時30分ごろまで、出かけていたりする。
食事内容も80%レトルト、魚だけは、旬の白身魚を似てもらう、魚のおいしい国に生まれて本当に良かった後1週間くらすれば、白身魚のお刺身を解禁にしよう。
今の時期から鱈、赤鯛、うまずら白身魚もおいしい季節だ、





おさかな天国







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。